Google謹製のChromeプラグイン “Google Dictionary” を日本語対応(英和化)させる方法

公開日: : chrome ,

chromeのプラグインを色々入れると仕事が捗るし便利ですよね。私も色々愛用しています。ただ1つだけとあるプラグインが日本語対応していなくて困っていました。それはGoogle製の”google Dictionary”。 マウスで英単語をドラッグすると訳が出るってやつです。

Chrome ウェブストア – Google Dictionary (by Google)

これ便利なんですよね。地味に。ただ日本語対応していない・・・どうすれば・・・と思ったらウルトラCな方法で出来ました。

Google Dictionaryを日本語化する方法

1.とりあえずインストールする

とりあえず気にせずインストールして下さい。

2.設定画面を出す

まぁ、とりあえず設定画面を出しましょう。 右上に増えたGoogle Dictionaryアイコンを右クリック→「オプション」です。

設定画面を表示

3.JavaScriptコンソールを出す

ちょっとここからエンジニア向け。JavaScriptコンソールを出しましょう。 ショートカットキーは「Ctrl + Shift + J」です。

JavaScriptコンソール

出したら、こんな画面がブラウザ画面から区切られて出るので下部にある虫眼鏡を選んで下さい。

4.値を書き換える

虫眼鏡を選んだら、設定画面にある「MyLanguage」の右横にあるプルダウンを選択してみてみると、こんな画面になります。

設定変更

selectタグを選択してその配下にあるoptionタグを表示させます。どれか好きなoptionタグのvalue値を“ja”に書き換えて下さい。

4.設定を保存する

先ほど書き換えたoptionタグを普通に画面で選択して下さい。
設定を保存するために「Save」ボタンを押せば完了です。もうそのタブは閉じちゃってOKです。これで完了!

試してみる

試しにCNN(英)サイトでやってみました。

cnn.comで試しにやってみる

出来た!

まとめ

まさか値を書き換えたら対応するとは思わなかった・・・。でもこれで便利。 みんなやってみるといいですよ。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Target:mbox

自腹で購入した商品色々レビュー中!

商品紹介・レビュー記事特集!

Target:static mbox(mbox create

no image
Nintendo Switch で使える激安USB 3.0ケーブル

Nintendo Switchを買いました!とりあえず色々まずはやって

AMPで作ったページを実際にGoogle検索結果経由でみた時と同じキャッシュ表示にする方法

今日は技術的な話。AMPページ対応を行った人も最近増えてきたと思うので

分散投資ロボアドバイザーのTHEOを大体半年間回したら利率10%近くまでになったので、トランプさんありがとうと思った

(こちらの記事は私が独自に当サービスを使ってみた結果の報告です。特にT

Macでの作業効率アップ!nativefierを使ってWebアプリをアプリケーション化

Console heaven / bartosz.maciejew

no image
2016年の目標

新年明けましておめでとうございます。 年末年始は色々とバタバタしまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑