jQuery.multiSocialServiceをバージョンアップしました。

ちょっと仕事でも必要だったんで、jQuery.multiSocialServiceを機能追加しました。

更新ポイント

  • Twitterツイートボタンの簡易版を設置するモード追加
    • jQuery(element).setTwitterTweetLite()
  • Twitterの該当URLに対する言及数を取得するモード追加
    • getTwitterTweetCount()
  • Facebookのいいね(like)ボタンの簡易版を設置するモード追加
    • jQuery(element).setFacebookLikeLite()
  • Facebookの該当URLに対するShare数、Comment数を取得するモード追加
    • getFacebokCount()
  • GoogleAnalyticsでの各イベント数を取得するモードを追加
    • jQuery.multiSocialService.enableTracking

簡易版って?

要はwindow.open()で公式ボタンが押した後に出る処理を行うものです。
正式版と比べると設置しても画面描画処理が遅くならず、簡単に置けます。
ただし以下のポイントに注意してください。

  • 公式ボタンと違って、突然動かなくなる可能性もある。(仕様が変わるとどうしても)
  • 画像などは用意していないので、任意で用意してください。
  • 件数はでません。(別に用意した言及数取得functionを使えば出せる)

簡易版の使い方

TwitterもFacebookも使い方は同じです。

Twitter

jQuery("クリックイベント設定要素").getTwitterTweetLite({
    url: '対象URL(任意)',
    text: 'デフォルトテキスト(任意)',
    via: 'mention先ユーザーアカウント(任意)'
});

こっちがFacebook

jQuery("クリックイベント設定要素").getFacebookLikeLite({
    url: '対象URL(任意)'
});

件数取得について

Twitter/FacebookのAPIを叩いて該当URLに置ける件数を取得するモードです。
jsdo.itでちょこっと作ってみた奴をこっちにのっけました。

叩くとCallback関数に値が入ってるので、適当にゴニョゴニョしてください。

使い方

Facebook/Twitter双方使い方は同じです。
ただ、戻り値が違うので注意。

Twitter

jQuery.getTwitterTweetCount({
    'url': '対象URL(必須)',
    'callback': function({count:'件数'}){}
});

Facebook

jQuery.getFacebookCount({
    'url': 対象URL(必須)',
    'callback': function({'shares': 'Share/Like件数','comments': 'コメント件数'})
});

GoogleAnalytics連携について

GoogleAnalyticsでソーシャル解析ができるようになっているので対応しました。
とりあえず実装してみましたが、うまく取れているか不安・・・あやしかったら報告ください。

使い方

1つの値をtrueにするだけでOKです。
Google Analyticsが設置されている+非同期用コードが埋まっていることが条件です。

jQuery.multiSocialService.enableTracking = true;

サンプルページはこちら、ダウンロードはgithubでお願いします。