2020年の確定申告関連情報まとめ(ESPP/RSUの確定申告方法も!)

さぁ今年も確定申告の時期がやってまいりました!

何故か確定申告の時期にPVがめっちゃ上がるこちらのサイト。
おそらく外資系の人がESPPやRSUの確定申告方法で調べてるのが多いのでしょう…

そんな確定申告情報を自分でやるために色々調べたので、まとめておきます。
ちなみに、先に行ってしまうとRSU/ESPPの確定申告は今まで通りできますよ!

そもそも確定申告とは?

確定申告は個人の所得に対してかかる「所得税」の支払いを申し出るためのものです。
意味合い的には「私の所得が確定したので申告します」と言ってしまえばいいのかな。

そういう話をすると「あれ、全員やる必要があるんじゃないの?」と思われがちですが、以下のような人は申告不要です。

  • 年間の所得金額から所得控除額を差し引いてマイナスになった人
    (専業主婦の方などはこれに該当することが多いですね)
  • 給与を1箇所からのみ受けている人で、給与収入が2,000万円以下 or 給与所得以外の(株等の)投資や副業で20万円を超える所得がない
    (これは年末調整が実質の確定申告です)

逆に言うとこれ以外の人は(ほぼ)絶対申告する必要があります!

確定申告の周期(Term)は年度ではなく、単純な1年間(1月1日〜12月31日)です。
なので、確定申告は「1年前の1年間にもらった所得に関する事=表記が1年前」になります。

2020年確定申告の時期

一般的な社員の人であれば、所得税等の申告になると思います。なので

2020年2月17日 〜 3月16日

が期限となります。

申告方法

申告方法は3つ。

  • 税務署へ持っていく
  • 税務署へ郵送
  • e-Tax(マイナンバーカードやID/PWが必要)

e-Taxの場合、郵送が無いので原本を自宅で保存する必要があります。申告後も大切に保管しておいてください!(不意に税務署から提出を求められます!)

確定申告時に行うこと

主にはだいたいこのぐらいです。(全部列挙はしてませんのであしからず)

  • 年末調整で出来なかった生命保険、住宅ローン減税等の控除を実施
  • 複数箇所からの収入や会社の年末調整外になっている給与所得の申告
  • 医療費控除
  • ふるさと納税控除

2020年で変わったこと

毎年少しずつ確定申告は変更点があります!
今年はこちらが変わりました。

  • 確定申告時に源泉徴収票が不要になりました。
    (ただ確定申告時には必要なので手元には持っておきましょう)
  • スマホの確定申告が便利に!
    (給与複数箇所、雑所得入力、各所得控除が入力可能に詳しくはこちら)
  • 確定申告書Bの様式が変更
    (申告書BはAの簡易版。Bはほぼ個人事業主用なので一般の方は関係ないかも)

確定申告時のおすすめコンテンツ

ESPPやRSUなど外資系に勤めてる方が確定申告する時にはぜひこちらを参照。
ストックオプションやESPP、RSUを受け取った時の確定申告について | デジタル料理人

個人的な雑感

  • スマホの確定申告便利になったとはいえ、入力が面倒です。正直PC用意できるならそっちにしましょう。
  • 源泉徴収票が不要になったりしてるのは便利ですね。e-taxであればそこまで変わりませんが…

情報収集先