no-image

Webサイト運営会社が今決断すべき3つの節電対策。

まずは、今回の東日本大震災で被災にあった方、まだ寒い時期で大変だと思いますがどうか頑張ってください。
また、自衛隊や復興・復旧作業に当たっている方も大変だと思いますが、頑張ってください。

明日から約1000万kwが不足するという話が上がっているいま、何をするべきか。
エンジニア視点で考えた、Webサイトを運営している会社が今決断すべき3つの節電対策についてエントリーしたいと思います。
是非、もしその権限を持っている方々が居ましたら、是非考えてあげてください。

(脊髄ポストなので、読みにくい部分ありますがご了承ください。)

テストサーバーを(出来る限り)落とす

家庭の1パソコンを落とすのとは全然電気消費量が違います。各企業が自分たちでできる対策として、できるだけテスト利用しているサーバーを落としてあげてください。
なるべく物理サーバーを減らし、できるだけ仮想サーバーなどにして落とせるものは落としてください。

メールマガジン配信を止める

大なり小なりWebサイト運営会社はメールマガジンを配信しているかと思います。
そのメールマガジンを配信することで勿論配信サーバーの電力は消費します。
また、受け取る側もこんな状態で受け取ってもいい気持ちはしないと思います。

1週間程度止めるのはどうでしょうか?その際に、落とせるのであれば配信サーバーを落としてあげてください。

節電した内容を同業者や利用者にお知らせする

節電する内容を是非公開してください。
そして、同業者が「やるべき」だと思わせるような流れにしてあげてください。
1つの企業がやるだけではなく、みんなが積極的にやってるよ!という大きな流れにしていくことが重要だと思います。

兎にも角にも、今はみんなが協力するべき「日本」の危機だと思っています。
上に書いた事項以外でも色々出来ることがあると思いますが、出来るレベルからやりましょう。