パーソナルクラウドNASを構築できるpogoplugレビュー(Macにソフトをセットアップ編)

前回の記事で快適にpogoplugをセットアップ完了した訳ですが・・・

「より快適な環境にするため普段使っているMacでもっと快適に使いたい!」

という事で、pogoplugのMac用ソフトウェアのインストールをしてみました。

早速my.pogoplug.comへアクセスし、ログイン。

ログインした画面のここをクリックします。

pogoplug-2_1

GoogleChromeでアクセスしたのですが、なんか画面真っ白になってしまいます。
Safariでも同じ症状。

pogoplug-2_2

で、言語設定を変更してみました。
変更する方法は、ログイン画面の下に「言語」ってのがあるのでEnglishを選択。
変更が、さっきの位置にある「Install Pogoplug on your computer」をクリックすると出ました。

pogoplug-2_3
これのMacをダウンロード。
dmgファイルをマウントするといつものインストール画面が出ます。

pogoplug-2_4

まぁこれはいつもの流れです。インストールを完了してください。
完了するとこんな画面が出ます。

pogoplug-2_5

アカウントの確認画面ですね。
既にもうアカウントは作ってしまっているので、下を選択して次へ。

pogoplug-2_6

登録したアカウントを入力する画面です。
e-mailとパスワードを入力してください。一番下の部分は空白でOKです。
入力ができたら次へ。

pogoplug-2_7

この画面は若干分かりにくいんですが、pogoplugで共有されるフォルダの選択画面です。
Macの場合”/User/ユーザー名/配下”にある5つのフォルダをこの画面で共有するか選択できます。

後で設定画面から好きなフォルダを共有出来るんで、ここではチェックを全部外しちゃってもOKです。
自分の好みの設定をしていただいて、次へ。

pogoplug-2_8

すると使い方のツアーが始まります。なんとなく画面に出てくる画像を見るだけでも意味は
わかると思いますので、どんどん次へを押しながら読み進めてもらいます。

最期まで進めば完了。Finderを開くと・・・

pogoplug-2_9

早速ドライブとしてpogoplugが認識されていますよ!
普通にHDDドライブのように認識されています。ネットワークマウントですね。

速度に関しては接続したpogoplugのネットワーク速度(上り)に左右されるので、
一概には言えませんが・・・私は概ね満足する速度で接続されているかと思います。

このソフトウェアはMacだけじゃなくてWinやLinuxでも提供されているので
pogoplugを導入したら入れたほうがいいですねー。

あ、もし購入してみようと思った方は是非下記のリンクからお願いしますー。m(__)m

pogoplug 国内モデル