激安でgithubとも連動出来るお手軽クラウドサービスfluxflexを使ってみた。

どもども、manji6です。
先日、ちょっと自分用の簡単なAPI閲覧画面を作ろうと思ってこのブログも置いてあるVPS鯖に置こうかな?と思っていたんですが・・・

「そいや、最近クラウドだな・・・。使ってみよ」という不純な動機興味本位で、いろんなサービスがあるんですがその中でも気になって登録はしておいた「fluxflex」を使ってWeb構築してみました。


fluxflex

まー使い方は本当に簡単。以下の手順です。

  1. 1.fluxflexのアカウントを取得してログイン
  2. 2.Projectを作る
  3. 3.gitでソースコードをpush

本当に簡単なんでざっくりと画面紹介。

実際に使ってみた。

まずはアカウントの取得。0円から始められるので最初は0円でOKじゃないですかねー。
とって、プロジェクトを作るとこんな感じの画面です。

fluxflex_project

最近何をしたとか、トラフィック・トランザクション状態などが見れます。
こういうクラウドサービスの場合は大概gitを使ってソースコードをサーバーに転送します。
(その他のクラウド系サービスとかではsvnなどに対応してたりもいますが、まぁ世の中gitですよね。)

で、そのgitですが、さっきのproject画面で「Setup」を選択して
右側メニューの「Git」を選択すればOK。するとこんな画面が出ます。

gitを使ってる人なら簡単ですねー。
cloneしてcommitして、pushすればOKです。
これですぐにでも公開できちゃうのが凄い。

ちなみに作ったアプリのURLは
「http://プロジェクト名.fluxflex.com/」
になる模様です。

この、fluxflexの特徴として、fluxflex自体にあるgitで管理することもOKなんですが
githubと連動させることもできます。
「githubのプロジェクトにpushしたら、自動的にfluxflexにデプロイ」
も可能なんです!
コレが結構面白い。ソース管理はgithubでーって思ってても対応が可能!

あともう1つの特徴は「安い」。
これが価格表です。

fluxflex_plan

一番高いプランは25$ってのがあるんですが、カスタムドメインでサービスを始めよとおもっても月3ドル でOKというやすさ。
円高の今、3ドルって500mlペットボトル2本位じゃないすか・・・?安い。

あ、説明はしてませんが、DBも使えます。mysqlが使えます。

凄いスモールに始めるサービスや、私みたいな「インフラちょっと弱めのプログラマー」にはうってつけ!
こういうところではじめて、少しトラフィックがやばくなってきたりしたらVPSに移動するなり、プランを上げるなりすればいいんじゃないかなー?と思います。

ちなみに・・・作ったWebアプリは最近ハマってるSymfonyをベースにしたPHPマイクロフレームワークの「Silex」を使ったものです。
単純にAPIを叩いて整形して表示するだけなんですが、便利っす。Twig使えるし、DBも繋げられるし、必要なものだけ足せばいいし・・・。

そもそも、きちんとしたの作るならSymfony使いますがSymfonyは多少メモリが乗ってたりしてないと辛いので・・・。

【あとがき】
当記事のアイキャッチ画像は人物フリー素材を提供しているモデルピースさんから使わせてもらいました!